Onrowupdating newvalues

編集ボタンの付いたGrid Viewを作成していますが、うまくSql ServerにUpdateされてません。 ありがちな、うまくパラメータが渡っていない状況に思うのでですが...ご支援下さい。 既にSQLデータソースにはGridviewを生成するためのSelect文が定義されているので、同様にUpdate文も簡単に定義できると思っていました。 一先ずにカスタムの方式で、UPDATEのタグを選び 以下記述を施しました。 UPDATE ○○○トラン SET コメント = @コメント WHERE (申請NO = @U_Shinsei No) AND (申請明細NO = @U_Meisai No) 進んでいけば、今回定義している『Update文のための』パラメータの定義画面が現れると思ったのですが、 Select文の際に表示された画面(パラメータの定義画面)と同一のようでした。 Selectの定義時は前画面で指定を受けた申請NOをQuery Stringから取得することができました。 上記で書いたUPDATE文Where句内の申請NO(当該Grid Viewに申請NOは表示していない)、申請明細NO(Grid View上に表示されている)は、どう渡してやればいいのでしょうか? ASPソース内のUpdate Command=部分にじか書きするにも書き方(パラメータの渡し方が分からないし。 よろしくお願い致します。 が自動的に Update Parameter を設定してくれます。 WHERE句を取り除き現在、UPDATE ○○○トラン SET コメント = @コメントとなっています。 この結果Grid Viewに表示されている全ての行のコメントを更新するようになってしまいました。 当該行の『申請明細No』更新して欲しかったのですが。 Protected Sub Grid View1_Row Updating(~) End Sub の中で『申請明細No』の属性を知るにはどう書けばよいですか? Update の場合、Select のときに取得している列は、自動的に同じ名前でパラメータとして渡されるようになっています。表示しているしていないも関係なかったと思います。したがって、Update Command のパラメータは、ただ追加しておくだけで、値は設定しなくてもよいです。 どんなパラメータが渡されてるかは、Grid View の Row Updating イベントで確認するとよいと思います。 ※追記 誤解を与えそうな表現があったので訂正します。 Update の場合、Select のときに取得している列は、自動的に同じ名前でパラメータとして渡されるようになっています。 Grid View の機能で Update を行うときは、Grid View が自動的に Update Parameter を設定してくれます。 ※補足を受けて すみません。ちょっと説明不足でした。 Row Updating イベントでは、e.

onrowupdating newvalues-78onrowupdating newvalues-32

In this example, we’ll go through a fully featured Grid View with editing, deleting, selecting, sorting, and paging functionality that is manually bound and identify the limitations and some of the workarounds. Sql Data Source, Object Data Source, Linq Data Source, etc) specified in a Data Source ID, the Grid View can automate many functions because, through the data source control, the Grid View on its own can perform the following operations: When you manually bind data to a Grid View, the Grid View itself cannot perform these operations, so they must be implemented in your code.However, most of the real world cases call for validating the data being edited or deleted. Drag and drop an SQL Data Source control on the web form.There can be several approaches taken for validating data. For our example we are going to use Customers table of Northwind database. Open its smart tag and choose "Configure Data Source" option to start Configure Data Source wizard.We’ll start with binding data to the Grid View, then build up functionality from there.First, we’ll implement a method to databind the Grid View, which will be called whenever databinding needs to be performed.